Menu
一つ前に戻る

大人気求人!結婚式場口コミサイトの提案営業職

ウーマンビズのコラムをご覧のみなさま、こんにちは。

今回のコラムでは、女性に大人気ブライダル業界での

営業職の求人をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

ご紹介させていただく求人企業は【みんなのウェディング】等を

運営されていらっしゃる【株式会社エニマリ】でございます。

※みんなのウェディングとは?

結婚式や結婚式場の口コミやランキング、実際の費用明細などを多数掲載している

日本最大級の結婚式場口コミ情報サイトです。

実際に結婚式を挙げた先輩花嫁様のレポートやコミュニティ機能も充実しています。

 

現在同社にて、みんなのウェディングに掲載されている結婚式場に向けた

提案営業の職種を募集しております。

 

婚礼業界は、おもてなしという日本特有の文化や伝統を大切にする一方で、
新しいことを取り入れたり、大きな変化に対して苦手な傾向があります。

今回募集している提案営業のポジションでは
業界が抱える課題にダイレクトに関わることができるため
やりがいのある仕事がたくさんあります。
一緒に業界を変えていきたいという方を募集しております!!

 

【求人番号】

3742

 

【仕事内容】

担当エリアの新規営業で、すでにみんなのウェディングをご利用いただいている
結婚式場(クライアント)に対する広告出稿や、
業務支援ツールを中心とした企画提案を行なっていただきます。

 

【具体的な仕事内容】

提案先は、すでに『みんなのウェディング』に掲載されている結婚式場が中心です。
商談相手は、支配人や広告担当、マーケティング担当の方々が中心ですが、
式場によっては経営者の方に直接にご提案できる機会もあります。

結婚式場が抱える課題をお伺いしながら、
みんなのウエディングに掲載されている口コミ等を利用して
その課題解決のために提案を行います。

みんなのウェディングの有料掲載だけでなく、
新しいツールやデジタルでも魅力的に伝えられる3Dマーケなども提案します。

あなたのご提案次第で、結婚式場をお探しの新郎新婦様にとって
貴重な質の良い式場情報が増え、選択できる会場拡大などにつながります。

また、新しいサービスや商品を作るプロジェクトにも
積極的に参加しているメンバーも多くいらっしゃいます。

能力や経験によっては、リーダーシップを発揮していただき、
チームマネジメントをお願いする場合もございます。

 

 

【応募必須要件】
・運転免許

・営業職のご経験

 

【給与】
年収350万円~550万円位
※年俸制
※経験等考慮の上、スタート給与が決定いたします

 

【勤務時間】
標準労働時間…9:00~18:00 所定労働時間8時間00分(休憩60分)
フレックスタイム制あり(コアタイム/10:00~16:00)
残業あり(給与には月45時間分の残業代を含みます)

 

【勤務地】

東京都港区or大阪府大阪市

 

【休日休暇】
年間休日124日 完全週休2日制(土日休み)
夏季休暇 年末年始 有給休暇:入社時に3日、半年後7日支給
その後は法定通りの付与 特別休暇(慶弔、出産、育児、介護)

 

【福利厚生】
社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)
当社加入の健康組合保険証提示にて提携機関の優遇制度あり(関東IT健保)
交通費支給(上限5万円)在宅勤務手当(一部条件あり)健康診断
インフルエンザ予防接種 持株会制度あり 書籍補助 ジョブポスティング制度
社内サークル活動(フットサル部・ゴルフ部等)1on1面談制度
ナナメ制度(自分の担当領域とは別の役員や本部長などとキャリアなどについて面談することができる制度)
グループ内優待制度あり
(ハワイの高級コンドミニアムを社割利用可能や会費婚のオプションプラン社割 他)

 

今回の求人についてご興味ございましたら
是非一度お問い合わせくださいませ♪
その際求人番号をご記載/口頭でお伝えいただけますと
ご案内がスムーズでございます*

ウーマンビズでは、
その他にも営業職や事務職の求人を取り扱っております◎
ご転職をお考えの方はもちろん
転職活動について何かお困りのことがございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ🌸

※ご応募はこちらまで↓↓※
応募について

なぜ転職には自己分析が必要なの?やり方って?

「自己分析」というワードを様々な場面で目にすることはありませんか?

転職を考えた時にはまず

「自己分析してみましょう」なんて聞いたことがあるかもしれません。

事実、転職活動において自己分析はとても大事になります。

今回はなぜ自己分析が大事なのか、

とはいえどうやって自己分析をするのが良いのか、をご紹介します。

 

 

【自己分析は、会社に自分のことを知ってもらうために必要】

転職において、

志望する会社に自分のことを知ってもらい、

アピールすることは必須ですよね。

そのために今自分は何ができて、何が得意で、

どんな性格で、仕事において何を希望しているのか、

を改めて考えるでしょう。

実は、これも自己分析の入り口部分。

ただ、自分ができることと何を希望しているのか、

だけでは会社へのアピールになりません。

特に「何を希望しているのか」については

「なぜそう思ったのか」が必ずセットになるはずです。

漠然と「給与が高い仕事につきたい」と思っている場合も

・今の給料じゃ自分が満足できる生活ができていない

・これをやりたいからもう少しお金が欲しい

など、何らかの理由があるはずです。

これらのなぜなぜを繰り返すことによって、

自分についてどんどん深堀をしていき

自分のことを知ることが自己分析と言えます。

 

 

【自己分析をしないまま転職すると……?】

自己分析をせずに、なんとなく転職をしてしまうと、

入社してから「やっぱり違った」と

後悔をする可能性が高くなってしまいます。

例えば「給与を高くしたい」と

ふんわりとした理由だけを条件にして転職したとしましょう。

入社した会社は給与が高い分残業が多くハードな仕事で、

プライベートの時間が以前より減ってしまいました。

給与が高いことに満足できればいいかもしれませんが、

プライベートで趣味にかける時間が減ってしまったことに後悔した場合は

「給与が高い」だけでなく「プライベートの趣味に欠けるお金をもっと増やしたい」。

つまり、プライベートを充実させたい、

が本当の転職理由だったのかもしれません。

このように、自分にとっての「なぜ」を突き詰めないと

真の自分の望みは見えにくく、

それが叶わなかった時に後悔として表れてしまうのです。

 

 

【自己分析の仕方がわからない……】

とはいえ、自分一人で自己分析なんてどうやっていいかわからない、

という人もいるでしょう。

仕事においての自己分析の方法の一つとして、

まずは今まで自分がやってきた仕事について振り返ってみることが大事です。

可能であれば、それを可視化してみましょう。

社会人になってから仕事においてこんなことがあった、

という出来事だけでなくこれがうれしかった、

これは悲しかった・悔しかったなど自分の感情が動いた瞬間についても

考えてみると自分が仕事において何に喜びを感じ、

逆に嫌だと感じるか、が分かりやすくなります。

 

また、自分だけではどうにもうまくいかないという場合は

転職エージェントに相談してみるのも良いかもしれません。

自分では気づかなかったことに気づくこともできますし、

それをどのように面接先の会社に伝えるべきかなどもアドバイスができます。

 

嫌なことがあってとにかく早く転職したい!

という気持ちもわかりますが、

まずは落ち着いて自分に合う会社を見つけるための準備をして、

より良いキャリアを積めるよう考えていただくのもおすすめです。

 

ウーマンビズでは女性の転職活動をサポートしております。

自己分析についてもアドバイスさせていただいておりますので

下記お問い合わせフォームより

お気軽にご相談くださいませ♪

 

女性の転職!ウーマンビズ

お問い合わせフォーム↓↓

https://woman-biz.jp/entry/

「ダイバーシティ推進企業」の魅力とは?

昨今増えている「ダイバーシティ推進」をしている企業。

この言葉を目にすることも増えているでしょうが、具体的な意味はご存じでしょうか。

ダイバーシティ推進企業とは、

様々な人材が持つそれぞれの魅力を

最大限活かすことと推進している企業のことです。

 

 

 

企業においての格差というと、

男女差を感じる人も少なくないかもしれませんが、

ダイバーシティとは性別だけでなくて国籍や人種、

年齢、更にはライフスタイルや考え方、

スキルなど様々な観点でそれぞれが活躍できる場所を作ろうとするものです。

障がいをお持ちの方の雇用に力を入れている、

という場合にこのワードを使っている企業もありますね。

 

このダイバーシティの推進は、

格差をなくそう、というものではありません。

あくまで、女性には女性の、年齢が高い人には高い人の、

それぞれの魅力や考え方は違っていて、

それらをすべて集結させることで様々な意見や考え方を包括して

社会の様々な人に向けたサービス展開や

社会的責任への取組ができるようになる、といったものです。

 

これを推進している企業がなぜ魅力的かといいますと、まず

「様々な人の意見が取り入れられやすい」といったことがあげられます。

女性でも、若くても、年齢が高くても、

正社員でも非正規社員でも同じ「社員の一意見」として

受け取ってもらうことができるので

「私なんかがこんなこと言ってもどうせ受け入れてもらえない」

とネガティブな考えで意見を言えない、

といったことはありません。

もちろん、会社はその意見がどうであるかを吟味して受け入れる、

受け入れ無いを判断するものになりますので

必ず自分の意見が通るといったわけではありません。

あくまで風通しが良い文化である、と考えておきましょう。

次に「社員それぞれが働きやすい環境を作ろうと努力している」

といったことがあげられます。

ダイバーシティを推進している企業には、

ただ単に様々な人材を採用して働いてもらうというだけではなく、

それぞれの個性を尊重してその人たちが働きやすい仕組みを整えて、

いかに100%の能力を発揮できる職場にするか、を考える必要があります。

そのため、時短勤務やフレックス・タイム制度、

在宅勤務などの仕組みを積極的に取り入れている会社が多いのです。

女性にとってみれば、育児等のために泣く泣く退職せざるをえない、

といった環境ではなく結婚や出産後にも

働きやすい企業である可能性が高いものとなります。

 

そして、この取り組みは社会的にも良い評価を受けることが多いので

世間から信用されている会社で働くことができる、ともいえるでしょう。

しかし、多様な人材の意見を積極的に受け入れたい

という姿勢であるため何も意見を言わない、

言えないとこのような会社で働くメリットはかなり少なくなってしまいます。

積極的に自分の意見を伝え、会社がそれによって

成長していくことを楽しむくらいの気持ちで挑戦することをお勧めします。

 

ウーマンビズでは女性の転職活動をサポートしております。

まずはじっくりとお話しを伺い、今までのご経験や思考性

希望にマッチする求人をご紹介させていただきます。

少しでもご興味ございましたら、

下記お問い合わせフォームより

お気軽にご相談くださいませ♪

 

女性の転職!ウーマンビズ

お問い合わせフォーム↓↓

https://woman-biz.jp/entry/

未経験では正社員は難しい!?未経験でも挑戦できる職種

仕事からしばらく離れていた方や、

正社員として就業したことがないと、

今更正社員に挑戦だなんて難しいかな…

と尻込みしてしまうかもしれませんね。

 

しかし、何歳でも意欲があればチャレンジすることは可能です!

この記事では、未経験から正社員に挑戦しやすい職種をご紹介します。

 

 

【正社員になるって、やっぱりメリット?】

そもそも、働くと一言で言っても様々な雇用形態があります。

この記事でご紹介する正社員だけでなく、

アルバイトや派遣社員、契約社員から、

プロジェクト単位で仕事を請け負う業務委託など、

希望に合った働きを選びやすい時代となりました。

しかし、正社員で働くということには、やはりメリットがたくさん。

正社員のメリットを次に挙げます。

 

・福利厚生が受けられる

・キャリアになる

・給料や雇用が安定している

・手当が受けられる

・仕事の裁量権がある

・任される仕事内容が豊富

・時間の融通が利くことも

 

では、次から未経験でも正社員になれるのか見ていきましょう。

 

 

【未経験からでも正社員になれる?】

これまで正社員として働いた経験がないと

挑戦することは難しいのでしょうか。

安心してください!そんなことはありません。

正社員未経験の場合は雇用ができないと

明示して求人を出す企業はほとんどありませんので、

チャレンジすることが可能です。

また、求人に「未経験者歓迎」などの記載があるところなら、

なおさら門戸は大きく開かれていると言えます。

未経験であっても、これまでのアルバイト経験や就業経験、

または育児や主婦の経験をどのように仕事に活かしていけるのか、

そして、応募する企業にどう貢献できるのかが企業側にとって重要なことなのです。

 

 

 

【チャレンジしやすい職種】

未経験でも正社員になれることがわかりましたが、

数ある仕事のなかでも挑戦しやすい職種があることも覚えておきましょう。

次のような職種は、比較的未経験でも採用される可能性があります。

 

・事務職:営業サポートや、様々な企業の事務仕事です。

とくに記載がなくてもエクセルやワードといったオフィスソフトは、

多くの会社で使われていますので、面接で使えるか聞かれる可能性が高いです。

使ったことがないのに、使えると答えると入社後の

トラブルにつながりますので、正直に答えましょう。

これらのスキルはいずれの職種でも使う機会がありえますので、

使えるに越したことはありません。

・接客業:ファッションや飲食業などでの接客業です。

お客様と直接やりとりをする機会が多いので、

感謝を伝えられたりと温度感のある仕事ができます。

コミュニケーション能力がある人や、

人と接することが得意な人におすすめです。

・営業職:保険の営業や不動産など、あらゆる会社に存在する営業職。

その会社の商品やサービスをより多くの人に知ってもらい、

使ってもらうお仕事です。こちらも接客業同様、

コミュニケーションスキルがある人や、

話をするのが得意な人におすすめです。

 

未経験でも比較的挑戦しやすい職種をご紹介しました。

上記はあくまでほんの一例です。

実際に求人を見て、やりたい仕事があれば、

どんどん挑戦することをおすすめします。

とくに、社員がたくさんいる会社や、人の流動が多い会社では、

未経験であっても正社員として活躍できる機会が用意されています。

ぜひ、やったことがないからと諦めず、積極的にチャレンジしてみてくださいね。

 

 

ウーマンビズでは女性の転職活動をサポートしております。

まずはじっくりとお話しを伺い、今までのご経験や思考性

希望にマッチする求人をご紹介させていただきます。

少しでもご興味ございましたら、

下記お問い合わせフォームより

お気軽にご相談くださいませ♪

 

女性の転職!ウーマンビズ

お問い合わせフォーム↓↓

https://woman-biz.jp/entry/

転職におすすめの仕事って?

転職を考える時、次は働きやすい職場と

仕事内容にしたいという希望がある人は多いものです。

しかし、たくさんの求人のなかから、

どのような仕事が良いのか見極めるのは大変です。

そこでこの記事では、

転職におすすめの企業の要素から、職場までご紹介します。

 

 

 

【転職におすすめの仕事・企業にある要素4つ!】

転職におすすめな仕事にはいくつか要素があります。

その理由とともに以下に挙げます。

 

離職率が低い企業…一概には言えませんが、離職率が高い会社は、

多くの人が職場を離れるだけの理由があるものです。

激務だったり、給与が少なかったり、労働環境が悪いなど…。

一方、離職率が低ければその分働きやすい環境であることが推察できます。

有名・大手企業…大手企業や、名の知れた企業は

会社の体制も整っており、福利厚生はもちろんのこと、

スキルアップや研修なども充実している可能性があり、おすすめです。

ニーズがある仕事…介護分野やITなど今後も需要が拡大しそうな分野では、

慢性的に求人があり、今後もニーズがある仕事が存在します。

ニーズがあれば転職活動においても

未経験者でも挑戦しやすい可能性もあり、おすすめです。

汎用性の高い仕事…求人している仕事内容について、

あまりにニッチな内容だと入ってみなければわからないことも少なくありません。

しかし、一般事務や営業などはいずれの会社でも

内容や取り扱うものは違っても、

スキルはそう大きく変わることもありません。

 

 

【転職で働きやすい職場】

次に、転職で働きやすい職場について見ていきましょう。

働きやすさは人それぞれです。

始業から終業まで時間が決まっている会社が働きやすい人もいれば、

フレックスタイムでの働きが心地良い人など様々です。

以下に大きく分けて2つのタイプ別に働きやすい職場をご紹介します。

 

・決まった業務を確実にこなしたいタイプ…規模が大きめの会社で、

ノー残業や時短勤務などが認められている職場がおすすめです。

限られた時間内で正確な仕事が求められるため、

そうした仕事を得意としている人には、

比較的大手で人員も豊富な企業が働きやすいと言えます。

このような職場では、計画的に休日もとりやすいため、

プライベートとのバランスもとりやすいです。

・予測不能なことにも柔軟に対応したいタイプ…突然のことにもフレキシブルに対応したい!

ハラハラする展開でもこなせる!という人におすすめの職場は、

IT業界やベンチャー企業など、

スピード感のある職場や、少数精鋭の職場がおすすめです。

限られた時間や人員でマルチタスクをこなす必要があるため、

刺激的な毎日ではありますが、

そのような環境が得意なタイプにはやりがいをかんじられる場です。

 

転職でおすすめの企業、仕事から職場をご紹介しました。

自分がどのように働いていると心地よいかが働きやすさの答えとも言えますので、

ぜひ、これまでの仕事を振り返ってみてくださいね。

 

ウーマンビズでは女性の転職活動をサポートしております。

まずはじっくりとお話しを伺い、今までのご経験や思考性

希望にマッチする求人をご紹介させていただきます

少しでもご興味ございましたら、

下記お問い合わせフォームより

お気軽にご相談くださいませ♪

女性の転職!ウーマンビズ

お問い合わせフォーム↓↓

https://woman-biz.jp/entry/

女性の転職の味方!転職サイトの選び方と使い方

かつては終身雇用がメインだったため、

あまり転職する人はいませんでしたが、

今はライフプラン、キャリアプランによって

仕事を変える人もたくさんいます。

そんな転職活動の強い味方となってくれるのが転職サイトです。

この記事では、転職サイトの選び方と使い方をご紹介します。

 

 

転職サイトとは?

転職サイトと一言で言っても、いくつか種類があります。

まず、希望の勤務地や職種などを入力すると、

条件に合う求人が見つかる求人掲載型サイトです。

無料で誰でも使えることが多いので、多くの人に閲覧されます。そ

の分人気の求人は倍率が高くなる可能性もあります。

次に、転職エージェントなどがいる転職サイトです。

経歴や希望条件などを登録すると、

転職サイトを運営している会社などから、

エージェントが相談にのってくれます。

求人が掲載されているサイトと異なり、非公開求人などがあるのも特徴です。

次に、自分でこれまでの職歴やスキルを登録し、

それを見た企業側がスカウトをくれる転職サイトもあります。

自分がもっている能力と企業側が欲するスキルがマッチできるので

双方にとって齟齬が生じにくいです。

 

 

【女性の転職にサイトを活用すべき理由】

転職サイトの種類がわかったところで、

次に女性が転職する上で転職サイトを使ったほうが良い理由を挙げます。

女性は男性と比べて、年齢や生活スタイルの変化とともに

仕事を変えることも少なくありません。

いつも同じ条件や環境の仕事を探しているわけではありませんので、

都度合う転職サイトを使うのが賢明です。

転職サイトは、求人探しやマッチングの方法の違いだけでなく、

強みもそれぞれ異なります。

20代の転職に強いサイトもあれば、

男性でバリバリ働いている層に強いサイトなど特徴があり、

自分が興味のある仕事に巡り会えなければ、

サイトを使っても時間の無駄になってしまいます。

自分の今後の希望ジャンルや働き方、年代に強い転職サイトを選びましょう。

 

 

【転職サイトの選び方】

女性が転職する際にサイトを選ぶおすすめの方法をご紹介します。

以下のポイントを抑えてサイト選びをすると、

良い転職の第一歩が踏み出せるかもしれませんよ。

 

・女性の転職に強みがあることがアピールされている

・求人数が多い

・自分の興味のある職種や業種が選択できる

・希望の勤務地の求人がある

・仕事に関する情報が多い(詳細な求人情報)

・自分の年代に合う求人がある

 

 

【転職サイトの使い方】

では、転職サイトの選び方がわかったら、さっそく使ってみましょう。

ここでは、転職サイトの使い方をご紹介します。

サイトごとに違いはありますが、主な使用方法は次のとおりです。

 

step1:登録する

step2:プロフィールや職務経歴を登録する

step3:興味のある業種や職種、希望を登録する

step4:希望に合う求人を探す

step5:希望企業に応募する

step6:企業側と、またはエージェントを介して選考ステップのやりとりを行う

step7:選考を受ける

step8:転職

 

女性が転職する上で、転職サイトを使った方が良い理由と使い方をお伝えしました。

自分の希望に合う求人や情報量のある転職サイトを使い、

念願の企業への転職を果たしましょう!

 

ウーマンビズでは女性の転職活動をサポートしております。

転職を考えてはいるものの1人で行うのは不安・・・と

考えていらっしゃる方は是非

下記お問い合わせフォームより

お気軽にご相談くださいませ♪

女性の転職!ウーマンビズ

お問い合わせフォーム↓↓

https://woman-biz.jp/entry/

女性が未経験から正社員になる方法と注意事項!

正社員というと、融通がきかなさそう、

これまで正社員での就業経験がないから難しそう…

などと躊躇してしまうかもしれません。

しかし、正社員として働くということには、

メリットがたくさんあります!

この記事では、正社員のメリットと、

正社員になる方法、挑戦する上での注意事項をご紹介します。

 

 

【正社員になると良いこと】

正社員以外でも仕事はできます。

雇用形態には、正社員以外にも、アルバイト、

パート、契約社員、業務委託、

フリーランス、自営業などがあります。

なぜ正社員が良いのか、

まずは正社員になることのメリットを挙げていきます。

 

 

・やりがいがある…正社員として働くと、

アルバイトやその他の形態以上に

責任のある仕事を任されることが少なくありません。

責任感のある仕事は、やり遂げた時に達成感もあり、また自信につながります。

・キャリアになる…正社員以外で働いても職務経歴になりますが、

転職を考えた際に、企業によっては正社員のほうが

より高く評価される可能性があります。

経験年数や行ってきたことも合わせてアピール材料となることでしょう。

・社会的信用が得られる…正社員というと、住宅ローンが借りやすくなる、

結婚相手やそのご家族からの信頼が得られるなど

社会的信用につながることもあります。

・福利厚生が受けられる…アルバイトや契約社員で働いても

福利厚生はありますが、有給や子どもの病気による休暇、

親の介護などでも休みがとりやすいなど、

万が一の場合でもその他の形態より

福利厚生が受けやすいです。

また、企業ごとにも異なりますが、

正社員のみが受けられる特典や

保養施設の利用などがある場合もあります。

・安定した収入や昇給が見込める…契約社員やアルバイトでも昇給は見込めますが、

正社員であれば規定の就業日数を満たせば、

決まった額の収入が保証されます。

また、年に何回かボーナスがある企業もあり、

生活の安定だけでなく、

お金の不安が軽減されて精神の安定にもつながることもあります。

 

 

【未経験から正社員になる方法】

正社員で働くことで考えられる主なメリットをご紹介しました。

次に、未経験から正社員にチャレンジする方法を見ていきましょう。

年代や経験によっても異なりますが、まずは仕事探しからです。

自分の希望条件に合う求人がないか転職サイトなどを使って探してみましょう。

これまでの経験を活かしたい場合は、職種や業種を絞って探すと見つけやすいです。

とくに希望がないという場合は、自分の特性を考えみると良いでしょう。

どのような性格で、得意分野は何か、

どのようなことで能力が発揮できそうか、

これまでの就業経験や暮らしの中から適性を見つけてみると、

自分に合う仕事に巡り会えます。

未経験の場合、正社員経験者に比べると

評価が下がってしまう可能性もあります。

その場合は、希望する会社にどう貢献できるのか、熱意を伝えることが大切です。

まずは正社員になる!ということを目的として

仕事を探す場合、条件を狭めすぎずに幅広く探してみると就職のチャンスが広がります。

 

 

【正社員にチャレンジする上での注意事項】

最後に、未経験から正社員に挑戦する上での注意点をお伝えします。

それは、正社員のメリットにばかり魅力を感じないことと、

正社員になることを目的だと思われないようにすることです。

採用する企業側は会社に利益をもたらしてくれる人はどの人物か、

会社にとってメリットとなる人は何の人かを見極めます。

ただ正社員になりたいのでは?と思われてしまうと、

他の人にチャンスが行ってしまう可能性大です。

まずは、希望する会社にどう貢献できて、

どう働きたいかをアピールするように注意しましょう。

 

ウーマンビズでは女性の転職活動をサポートしております。

今回の転職を期に、正社員を目指してみたい!

と考えていらっしゃる方は是非

下記お問い合わせフォームより

お気軽にご相談くださいませ♪

女性の転職!ウーマンビズ

お問い合わせフォーム↓↓

https://woman-biz.jp/entry/

希望職種がない場合の転職はどう進めれば良い?

転職したいけど、とくにやりたいことも

希望する職種もないから、

次が決まらないのではないか…

そう不安に思っている人もいることでしょう。

しかし、そう考えつつ転職活動している人は少なくありません。

この記事では、希望職種がない場合の転職活動の進め方をご紹介します。

 

【やりたいことがあるから転職する人だけではない】

冒頭でも触れましたが、転職するすべての人に

確固たる転職理由があるわけではありません。

なんとなく今の会社に対してや、

仕事内容に思うところがあって

転職を決める人も多いものです。

やりたい仕事内容や職種がはっきりしていれば、

転職理由や志望動機も書きやすく、

仕事探しも比較的絞られてきます。

しかし、これといった希望がないと、

間口が広がる分、どれも決定打に欠けることも。

 

次から、希望がなく転職活動を始める場合の進め方について見ていきます。

 

 

【希望がない場合の転職活動。進め方】

転職活動は、現職に就いたまま行う場合と、

退職してから行う場合の2パターンあります。

希望がない場合は、なかなか応募したい企業が決まらなかったり、

応募しても採用までにたどり着けず焦りを感じることも。

収入状態も安定せず、

先行きが不安的になると目先の採用に飛びついてしまい、

結局また転職を繰り返す、なんてことにもつながりかねません。

そうならないためにも、希

望がなくても転職活動をスムーズに運ぶことが大切です。

以下のステップを参考にしてみてください。

 

step1:自分のスキルや経歴の棚卸しをする…強みを知ることで、

どのような仕事や職種が合っているかわかることも。

また、経験を振り返るうちに、どのような仕事が楽しかったか、

何が嫌だったかを思い出し、理想の求人を探しやすくなります。

step2:転職理由を明確にする…なぜ転職を考えたのか、

面接でも必ず聞かれることですので、

詳細までつっこまれることを想定して考えてみましょう。

転職したい理由の裏返しが、理想の仕事とも言えます。

step3:人によく感謝される・言われることを思い返す…感謝だけでなくても、

言われて嬉しかったことや、よく言われることを思い出してみましょう。

客観的な評価としての自分が浮かび上がってきて、

どのような仕事に向いているかわかってきます。

step4:得意・不得意をクリアにする…自分の得手不得手をはっきりさせ、

その理由も考えてみましょう。転職において、得意を伸ばしたいのか、

または不得意を克服したいのかなど転職理由にもつながる背景が見えてきます。

step5:好ましい条件を出す…希望がなくても、転職したいと思った背景には

必ず現状に対し嫌だと感じていることや、

改善したいことが潜んでいるはずです。

こうだったらいいなという条件を書き出してみましょう。

 

上記5つのステップができたら、いよいよ求人探しです。

次からは、数ある求人からどのような仕事を選ぶかについて触れます。

 

 

【自分の強みかニーズを探す】

転職活動を進める際の5つの段階を説明しました。

全て洗い出せたら、仕事探しと選考へと入ります。

先ほどのステップを行うと、自分について、

転職理由について、

そして今後希望する条件についてがわかってくるはずです。

新たな仕事では、見えてきた自分の強みを伸ばしたいのか、

それとも自分が持っているスキルを活かしたいのかによって

仕事選びが変わってきます。

前者は自分のパーソナリティーに合っている仕事で、

後者は自分ができることと

会社が求めるスキルが一致した仕事となります。

例えば、明るく社交的な性格で、

いつも人の相談に乗ったりアドバイスすることを人に感謝される性格なら、

キャリアアドバイザーや人材会社などが合っていることでしょう。

一方、正確にデータを入力したり、

資料の整合性をすぐにチェックできるなどのスキルがあれば、

経理や営業サポートなどが合っているかもしれません。

 

上記はあくまで極端な例ですが、

自分の強みを活かす転職か、

ニーズに応じるかはぜひ考えて仕事探ししてみてくださいね。

 

 

ウーマンビズでは女性の転職活動をサポートしております。

転職の具体的な時期や希望職種、業界が未定でも

まずは一度お話しを伺い、

アドバイズをさせていただくことも可能でございます。

上記以外でも、

初めての転職活動で不安を感じていらっしゃる方は是非!!

下記お問い合わせフォームより

お気軽にご相談くださいませ♪

女性の転職!ウーマンビズ

お問い合わせフォーム↓↓

https://woman-biz.jp/entry/

 

20代〜30代女性が転職で求められることとは

転職を決意する年齢は様々。

人生が進むたびに、

考えやライフスタイルは変化するものなので、

当然といえば当然のことです。

 

自分が希望する条件にマッチした会社で勤めるためにも、

企業側が求めるスキルや条件を持っている必要があります。

そこで、この記事では20代〜30代の女性が

転職するうえで求められることをご紹介します。

 

【女性は年齢やライフプランによって転職意欲がわく!】

女性が転職を考える上で年齢やライフプランは大きく関わってきます。

30代になると転職が難しくなるのではないか、

さらにその上の年齢になるとより難しくなるのではないか

など考え始めます。

また、20代の時に経験を積んだ方は、

30代でさらに経験を生かしたチャレンジをしたい、

そしてゆくゆくは管理職や経営にチャレンジしたい

という意欲を抱くこともあります。

いずれの年齢にせよ、

転職意欲に見合った志望動機と企業側の採用条件が合うと

双方にとって良い転職と言えます。

次からは、女性の年代別に転職で求められることをご紹介します。

 

 

 

【年代別転職で求められること〜20代は意欲!〜】

20代は新卒を経て、初めて社会人として働くという人が多い年代です。

企業側が求めるのは、どんな経験をしてきたかなど、

学んだことも大事ですが、

20代に求めることはやる気・熱意です。

なぜ20代で転職を決意し、

今後どのような目標を持っているのかを語れることが大切です。

かつては20代の方が転職に有利と言われてきました。

しかし、現代では企業側に新人を企業色に染めよう

という意図もなく、応募者本人が

どのような志望を持って仕事に臨んでいるのかが重視されます。

したがって、

20代で経験が浅いからと尻込みするのはもったいないです!

希望している企業になぜ入りたいのか、

論理立てて話せることが大切です。

ポテンシャルに期待されているのが20代の強みと言えます。

 

 

 

【30代はこれまでの経験とチャレンジ精神!】

次に30代の女性に企業側が求めることです。

30代といえば、社会人経験10年を越す人も少なくありません。

それなりの経験を積んでいたり、

人によっては管理職や経営などを経験したという人もいるでしょう。

したがって、30代女性に企業側が求めることとしては、

20代30代を通して何を行ってきたかという経験と、

その経験を活かして今後企業で

どのように活かしていきたいかを語れるかです。

そして、それに加えて何を実現したいかというチャレンジ精神です。

30代で、一つの会社で長く経験を積んできた人にとっては、

異業種への転職や、新しい職種へのチャレンジは

難しいと思われがちです。

しかし、こちらは20代同様、これまでの経験をどのように活かし、

なぜ転職を希望するのか話せると良いでしょう。

30代は転職に難しいことは全くありません。

むしろ、企業側にとって社会人としてのスキルが

既に身に身についているため、即戦力として期待できる人材です。

 

 

20代30代の女性に転職で求められることをご紹介しました。

それぞれ求められることは違いますが、

共通して言えるのは、

企業で自分がどのように活躍できるのか自分で理解していることです。

ぜひ、自分がこれまでにどのような経験を積んできて、

新たな職場でどのように活躍できるのかをまとめてから、

選考に臨みましょう!!

 

 

ウーマンビズでは女性の転職活動をサポートしております。

面接までに、面接対策や選考に通過するためのポイント等も

お伝えしておりますので、転職を考えているけれど

一人では不安・・・という方は是非!!

下記お問い合わせフォームより

お気軽にご相談くださいませ♪

女性の転職!ウーマンビズ

お問い合わせフォーム↓↓

https://woman-biz.jp/entry/

事務職ってどんな仕事がある?内容と職場例

転職して事務職に就きたいと考えている人は少なくありません。

しかし、事務職ってよく耳にするけれど、

実際にどのような仕事内容を指すのかわからないという人もいるはずです。

そこでこの記事では、事務職の仕事内容と職場をご紹介します。

 

 

 

事務職とは会社を支える仕事

事務職はいずれの会社にも

必ずと言って良いほど存在する、欠かせない仕事です。

事務職を単純作業、ルーチンワークだと考えていたら、それは違います。

たしかに、事務職のほうが比較的スケジュールを立てやすかったり、

時間的に融通がきかせやすいのも事実。

しかし、自分一人で完結できなかったり、

突然の仕事が舞い込んでくるなど、

まさに会社におけるチームプレーで

重要な役割を担っているのも事務職です。

 

事務職の方が転職の際求人数が多く採用枠も広そう…

というイメージもあるかもしれません。

しかし、これも正確とは言えません。

というのも、採用する人数が多かったり、

未経験でも可としていても、

その分申し込む人数も多いため、

決して容易なわけではないからです。

 

事務職の仕事内容と職場例

続いて、事務職の仕事にはどのような仕事内容と職場があるのか見ていきましょう。

 

・営業事務…営業部付で営業の人の事務作業を行います。

契約書の作成や見積もり、交通費の精算や出張手配、

電話対応、クライアントの来客対応など様々です。

職場は営業部がある会社であれば存在するところです。

・医療事務…主に受付で患者の医療費の精算などを行います。

職場は病院です。

・大学(学校)事務…学校における問い合わせ対応から、

学生相談、業者対応などを行います。

また、教授や教員、学部付きとなり、各種精算から

他部署や他学部との窓口として連絡を行うことも。

職場は大学や専門学校などの学校です。

・貿易事務…貿易に関わる書類の作成や、

通関に関する手続きなどを行います。職場は商社などです。

・経理事務…会社のお金に関する書類や手続きを行います。

職場は自社に経理機能がある会社です。

・人事・総務事務…人の異動や、従業員が働く環境に関わる手配を行います。

社内イベントなどの運営に関わることもあります。

職場は自社に人事や総務機能がある会社です。

 

上記以外にも、一般事務職としてどのような部署においても、

データ作成やファイリング、電話対応、書類作成、

伝票処理、精算、備品管理、メール対応、発注、

見積書、資料等の作成などが発生する職場もあります。

 

事務職の仕事内容と職場例をご紹介しました。

会社によって行う内容や幅は様々です。

求人内容をよく確認し、

自分のスキルや目標と合っているか考えてトライしましょう!

 

ウーマンビズでは女性の転職活動をサポートしております。

事務職へのご転職活動をご検討中の方は是非

下記お問い合わせフォームより

お気軽にご相談くださいませ♪

女性の転職!ウーマンビズ

お問い合わせフォーム↓↓

https://woman-biz.jp/entry/